ヨギボーダブルについて

Yogibo(ヨギボー)をご存じでしょうか?
数年前、人をダメにするソファーとして無印良品のビーズソファーが一世風靡しましたが、
そのアメリカ版と考えていただけると分かりやすいかと思います。

 

ヨギは、アメリカ人にとってはヨガを連想させる神秘的な語感ですが、日本人にとっては妖怪ウォッチのようなコミカルな語感のため、
初めて見たり聞いたりした際は、なんだ!?と思う人の方が多いかもしれません。

 

Yogibo(ヨギボー)は、米国で特許申請中の新技術でつくられているビーズソファーのブランド名で、
既に日本にも数店舗の実店舗があり、通販もされています。

 

従来型ビーズソファーとYogibo(ヨギボー)の違い

では、国産ブランドの無印良品やニトリのビーズソファーとどういう違いがあるのかというと、
Yogibo(ヨギボー)には、他のビーズソファーのようなかたい素材の面はなく、全ての面がソフトな素材でつくられていることから、
体にフィットするうえ、従来型では不可能だった「大きなビーズソファー」を作ることが可能になったことです。
充填剤の特殊マイクロビーズは軽くてへたりにくく、未使用時は製品を縦置きすることも可能です。
移動が楽なため床の掃除もしやすく、耐久性あるカバーは洗濯機で洗えます。

 

従来のビーズソファーは心地よいのですが、体全体を預けるには二つ購入して並べなければなりませんでした。
しかもその二つはずれてしまい不安定なため、長時間の使用には不向きでした。
しかし、Yogibo MAX(ヨギボー マックス)は、椅子・ソファー・ベッドとそれが可能な大きいサイズです。
そしてさらに画期的なのが、今回ご紹介するYogibo Double(ヨギボー ダブル)です。

 

Yogibo Double(ヨギボー ダブル)は、大好きな人と一緒に過ごせます。

Yogibo Double(ヨギボー ダブル)は、Yogibo MAX(ヨギボー マックス)がふたつ入るサイズのカバーをかけた、
さながらダブルベッドのようなヨギボー製品の名称です。
大人二人、またはお子さんも二人以上がゆったり横になってくつろげるような特大サイズのヨギボーです。
大きなソファーにもベッドにもなるため、映画鑑賞やくつろぎタイムも大好きな人と一緒に過ごせるのが特徴まです。
Yogibo Double(ヨギボー ダブル)のカバーカラーは、全5色、インテリアに合わせて選ぶことができます。